8月16日夜7時のNHKニュースによると、天皇・皇后両陛下が、11月16日から3日間の日程で、屋久島~与論島~沖永良部島を訪問されることで調整中との報道がされました。

両陛下にとって、屋久島訪問は45年ぶり、与論島と沖永良部島は初めての訪問となります。

◆ NHKニュース報道は こちら へ。 (既に削除されました)

MBC南日本放送のニュースは 下記です。

(ニュース記事)天皇、皇后両陛下が11月に屋久島と奄美群島を訪問される方向で、検討が進んでいることがわかりました。地元では訪問を歓迎する喜びの声が聞かれます。関係者によりますと、両陛下は11月に私的な旅行として屋久島、沖永良部島、与論島を訪問される方向で、宮内庁が検討しているということです。天皇陛下は退位の意向をにじませた去年8月のビデオメッセージで「日本の各地とりわけ遠隔の地や島々への旅も私は天皇の象徴的行為として大切なものと感じて来ました」と述べられていました。両陛下が鹿児島を訪問されるのは2003年以来で、沖永良部島、与論島への訪問が実現すれば初めてとなります。両陛下は1972年に屋久島を訪問されていて今回の訪問が実現すれば45年ぶりとなります。また、両陛下はおととし、爆発的噴火をした口永良部島の住民とも面会される可能性があります。