絆つないで100年 新たな未来へ

ウムヤガキュンドー

ウムヤガキュンドー


[♪聴く♪]

 昔の与論島では、男性が女性の家の前で三味線を奏でて、逢引をするのが習慣でした。一番の歌詞は夕暮れを待って、早く遊びに行きたい気持ちを表しています。

「ウムヤガキュンドー」は「想っている人が来るよ。」という意味で、「カナシガキュン」「懐かしい人がきますよ。」という意味です。

( 一 )
遊び時期我や 夕ぬ暮りどぅ待ちゅる
何時や夕ぬ暮りてぃ 我自由よしゅらが
ウムヤガキュンドー カナシガキュン ササ

( 二 )
出じり出り娘 此ぬ家ぬ娘
歌しりちゅあらぬ 姿よ身しり
ウムヤガキュンドー カナシガキュン ササ

( 三 )
何時が何時思てぃ 待ち兼ねてぃ居たん
今日どぅ待ち受きてぃ 遊びよしゃびら
ウムヤガキュンドー カナシガキュン ササ

( 四 )
幾さ幸運ぬ有りば 愛しゃあるどしど
彼ぬ世まで連りて 恋よしゅらが
ウムヤガキュンドー カナシガキュン ササ

 


[一番上に戻る戻る]

創立100周年写真ギャラリー

創立100周年写真ギャラリー

創立100周年式典・祝賀会の写真集です
詳細は、バナーをクリックして下さい。

千代ノ皇 令和6年1月場所成績  

千代ノ皇  令和6年1月場所成績  

新たな年を迎え、心機一転
まずは勝ち越し目指しキバリョー!

与論のむかし・いま

与論のむかし・いまの写真集

写真で見る与論島の「むかし」と「いま」の写真集です。

与論民謡集

与論民謡集

竹下徹先生エッセー集

ドゥダンミン

第94期会員のつどい 講話

第94期会員のつどい 講話

会場の皆さんの感動を呼んだ講話を採録しました。

支援賛助会ご案内

東京与論会支援賛助会の案内

与論会活動への会員による支援組織です。入会のご案内はこちらへ。

与論町の人口(R5.12末現在)

人 口  5,076(-1)
      男  2,481(+1)
      女  2.595 (-2)
所帯数  2,663 (+3)

◆( )内は前月比
◆ これまでの推移 こちら

PAGETOP
Copyright © 東京与論会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.