絆つないで90余年 与論島出身者の談話室

与論小唄

与論小唄


[♪聴く♪]

 与論小唄は昭和の戦前・戦後を通じて与論で創作され、器楽声楽や舞踊によって広く住民に親しまれた新民謡です。

作詞者及び作曲者は不明ですが、純日本語で歌われた名曲です。

( 一 )
木の葉みたいなわがよろん
何の楽しみもないところ
好きなあなたがいればこそ
いやな与論も好きとなる

( 二 )
近頃だれかさんの顔いろは
三月桜の花の色
あれに迷うな手を出すな
あれはだれかさんのかこい花

( 三 )
かこい花とは知りながら
ほれた私が悪かった
思い切ります今日かぎり
あとに未練がないように

( 四 )
未練がないとて別れたが
何で忘れよ忘らりょか
命をかけた恋じゃもの
燃えて身をやく恋ごころ


 


[一番上に戻る戻る]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

会員のつどいご案内

会員のつどいご案内

会員のつどい開催のご案内です。
バナーをクリックして下さい。

千代ノ皇 9月場所成績  

千代ノ皇    9月場所成績  

奄美力士の成績はバナーをクリック!

与論のむかし・いま

与論のむかし・いまの写真集

写真で見る与論島の「むかし」と「いま」の写真集です。

与論民謡集

与論民謡集

竹下徹先生エッセー集

ドゥダンミン

第94期会員のつどい 講話

第94期会員のつどい 講話

会場の皆さんの感動を呼んだ講話を採録しました。

支援賛助会ご案内

東京与論会支援賛助会の案内

与論会活動への会員による支援組織です。入会のご案内はこちらへ。

与論町の人口(H30.8末現在)

人 口  5,266 (+9)
      男  2,557 ( +3)
      女  2.709 (+6)
所帯数  2,607 (-+2)
( )内は前月比

PAGETOP
Copyright © 東京与論会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.